1. 不妊治療の知識
  2. 各種検査について

各種検査について

各検査についての説明と検査方法、痛みなどまとめ

経膣超音波検査

子宮や卵巣など付属器の異常や病気を超音波(エコー)を使って調べる検査。
卵胞の発育~排卵までの様子、子宮内膜の状態、子宮や卵巣の状態を調べられる。

方法
経膣超音波の機械を膣内に挿入し、超音波で子宮・卵巣を描出
痛み(体験談)
痛くはない

子宮卵管造影

子宮腔の形や卵管の通過性、形を見る検査。
検査後卵管の通りや働きがよくなり、妊娠しやすくなることもあり、治療的な意味も大きい検査。

方法
子宮の入り口から管を入れて、造影剤を子宮内から卵管へ流し込み、子宮内の状態と両側の卵管の通りおよび、卵管からおなかの中への拡がりを見る。
痛み(体験談)
恐ろしく痛い。痛くない人もいるらしい。

通水検査

卵管の通りを評価する検査。

方法
生理食塩水を子宮の入り口から注入し、子宮の内腔を充満させることによって、子宮の内膜の状態、ポリープや粘膜下筋腫の有無などを調べ、その生理食塩水が左右の卵管にスム-ズに入っていくかをチェックする

腹腔鏡検査

全身麻酔をかけてお腹に穴をあけ、内視鏡で直接子宮や卵管・卵巣などを観察し、不妊の原因をつきとめるのを目的とし、 不妊症における最終検査ともいえるもの。

方法
お腹に穴を三か所あけ、腹腔内を観察する。
必要に応じては、癒着剥離術、子宮内膜症電気凝固術、卵巣のう腫摘出術、子宮筋腫核手術、卵管形成術などを同時に施行。
入院が必要な検査。

子宮鏡検査

局所麻酔をかけ、子宮の内腔をのぞき、子宮内腔に着床を妨げるようなポリープや内膜の異常増殖がないかを調べる検査。経膣超音波検査で子宮内膜異常が疑われた場合などに行う。

方法
子宮の入り口から生理食塩水を注入しながら細いカメラを入れて子宮の内腔を覗く。

月経血中エンドトキシン測定

月経血を採取し、月経血内のエンドトキシンを測定することにより、子宮内のエンドトキシンの有無を調べる。

方法
細いカテーテルを子宮内に挿入し、月経血を採取する。
痛み(体験談)
恐ろしく痛い。痛くない人もいるらしい。月経の量が少ない人は痛みを感じやすいらしい。体験談ブログはこちら

ヒューナーテスト

膣内に放出された精子が頸管粘液内に侵入し、そこで運動性を保った状態で存在しているか調べる検査

方法
前日夜もしくは当日の朝に性交。内診台にて頸管粘液を採取
痛み(体験談)
痛くはない。体験談ブログはこちら

ホルモン検査

方法
採血または採尿
痛み(体験談)
普通の注射の痛み